デザインスタジオのランドーアソシエイツがケロッグのパッケージをリデザイン

ケロッグnewパッケージアイキャッチ画像


1941年にウォルター・ランドーによって設立されたデザインスタジオのランドーアソシエイツは、アメリカ合衆国・サンフランシスコを発祥とする、製品・企業ブランディングを手がける企業です。

ランドーによると、「ケロッグをカテゴリーのリーダーとしての地位に戻す」ことを目的としてデザインを手がけました。

ケロッグnewパッケージ画像
出典:design week

左が新しいパッケージデザイン、右が以前までのデザインです。

ランドーによると、新しく「シンプルに単純化された」デザインはよりブランドを明確にすることを目的としており、パッケージ自体がケロッグの製品として認識されやすくなっています。

ケロッグは非常に多くのシリアルの種類を展開しており、それぞれの種類にそれ自身の名前とグラフィックスを持っているので、有名な赤いケロッグのブランドスクリプトは全く強調されていませんでした。それはブランドが「そのアイデンティティを失っていた」ことを意味していました。

新パッケージはそのスクリプトを大きくし、より前面に出すことで、消費者がそれを理解するまでの時間をなるべく削減することで焦点をブランドに集中させる狙いがあります。

ケロッグnewパッケージ画像
出典:design week

Coco Pops、Frosties、Corn Flakesなどのパッケージ全体の機能を統一すると、上部に大きなKelloggのロゴが表示され、その下にある各シリアルの名前が小さいフォントで表示されます。

ケロッグのロゴは、段ボールのシリアルボックスの前面の端に重なっており、「顧客の認識に頼る」ことでブランドの地位を高めています。

赤で結合された文字で「Kellogg’s」と書かれているロゴ自体は変更されていません。

のもう一つの重要な部分は、上から見た製品がいっぱいのシリアルボウルです。

ケロッグnewパッケージ画像
出典:design week

新しいデザインのシリアルボックスに見られるもう1つの機能は、上から撮影したシリアルボウルです。それぞれの箱に使われている大胆な色がそうであるように、この円形もまた消費者の目を引きます。

ランドーによると、パッケージは「正直」であることを目指しています。前面の画像は「朝食用のテーブルに置かれたとき」の外観を表し、パックの裏面に「物語を伝える」と書いてあります。

包装の裏側にある言葉は、「直接的」で「専門用語のない言葉」であり、「透明性を高める」ことを目指している、とランドーは付け加えました。

新しいシリアル包装は、ケロッグのコーンフレークから始まり、他のシリアルも続き、英国およびヨーロッパ市場のスーパーマーケットで徐々に展開されていきます。

 

View this post on Instagram

 

@kelloggs.uk have been a staple at the breakfast table for over 100 years, with grains at the heart of their business. Over time, they found themselves losing their identity, through muddled packaging design and mixed messaging. We took on the challenge of the largest packaging redesign across the European portfolio ever. 🥣 . . . . . #agency #agencylife #branding #brandconsultants #brandevolution #brandexperience #brandidentity #brandtransformation #breakfast #breakfastbrands #creativeminds #culture #design #gender #graphicdesign #Landor #LanorGeneva #LandorHamburg #LandorLondon #LandorMilano #LandorParis #logo #marketing #packaging #packagingdesign #strategy #technology #transformation

Landorさん(@landorglobal)がシェアした投稿 –

▶︎Landor公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です