創立120周年を迎える秩父鉄道の新ロゴマーク、世間の反応は?

秩父鉄道新ロゴアイキャッチ画像

秩父鉄道は2019年11月8日に創立から120年を迎えることを記念して、2019年2月25日にロゴマークのデザインを一新しました。

デザインコンセプトは、沿線の荒川と並走したときの川の流れと水しぶき、長瀞の岩畳などをモチーフにしたシンプルな図案、色合いで「秩父の表情」として表現。「これからも地域の未来を切り開く鉄道でありたい」という思いを込めたものとしている。CHICHIBU頭文字の「C」のカタチに、鉄道の「車輪」もイメージさせ、また「人の笑顔」も図案に隠されており、「喜んでいただく鉄道」を表している。

秩父鉄道新ロゴ画像
出典:鉄道チャンネル

このロゴマークは4月1日から使用を開始する予定だが、それに先立ち、2019年3月2日(土)に誕生する「ラグビーワールドカップ2019」のTMラッピングトレインの車体に、新規ロゴマークを使用するとしている。

秩父鉄道新ロゴ画像
出典:鉄道チャンネル

また、SL列車の「パレオエクスプレス」には「えがおをのせて、その先へ」をキャッチフレーズにした独自の記念ロゴマークが掲出されるなど、今年は記念事業として各種イベントの実施を予定している。

秩父鉄道新ロゴ画像
出典:鉄道チャンネル

秩父鉄道新ロゴマーク世間の反応は?


▶︎秩父鉄道公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です