マスターカードがロゴマークの一新後に決済音も発表しました。

マスターカードアイキャッチ画像

マスターカードはブランドロゴを変更した後、ブランドの認知度を高めるための決済音を発表しました。

マスターカードロゴの画像
出典:BRAND in LABS

2016年7月、マスターカードは20年ぶりに新ロゴを発売すると発表し、2019年初めにマスターカードはLOGOから「MasterCard」というテキストを削除すると発表しました。最近のマスターカードの新しい動きの中で、次に行った施策がブランド認知を高めるための決済音の導入です。

“Soundscape”と呼ばれるマスターカードの音声認識

2019年2月9日、マスターカードは自社ブランドの決済音を発表しました。これはユーザーのチェックアウト時に再生されるものです。

非スクリーン化が進む社会というのは、多くの企業にとって考慮すべき新しい問題のひとつです。今日では、ブランドは包装、インテリア、デジタルスクリーン、看板だけでは強く利用者に印象を残すということが難しくなってきています。



上記のSoundscapeのメロディーのように、「遊び心のある」簡単で楽しい音声認識は、利用者の記憶に深く残りそうです。

マスターカードは「画面がないときは、マスターカード を見ることはできないかもしれませんが、確かにそれを聞くことができます。これはマスターカードの包括的なサウンド構造です。物理的な環境、デジタル環境、音声環境を問わず、ユニークで記憶に残るマスターカードのメロディーは、シンプルでシームレスな親しみやすさを提供します。」と主張しています。

参考▶︎マスターカードの新しいロゴマーク。変わったところは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です