SHIBUYA109の新ロゴマーク。2019年4月から

「ギャルの聖地」とされ、平成の流行を発信してきた東京都渋谷区道玄坂のファッションビル「SHIBYA109」のロゴマークが、ビル開業40周年となる4月28日に新しいデザインに生まれ変わる。

完成する4月までの期間中、工事の様子が一部公開され、現在のロゴマークから新ロゴマークへと少しずつ変わっていく姿が見られる。

新しいロゴは、これまでの赤単色から刷新、ピンクと紫色のグラデーションで優しい印象。

109の文字が丸みを帯び、横につながっているデザイン。SHIBUYAの文字が109の下に置かれている。

shibuya109画像
出典:FASHIONSNAP.COM

デザインは一般公募で寄せられた応募総数9537点の作品から、イラストレーターのハナガキダイジュさんと会社員の池田敦美さんによる共同デザインが採用された。

運営会社の担当者は「日本が新しい元号へと生まれ変わろうとする中、SHIBUYA109もリボーンしていく。自ら変化をつくるという渋谷の思いを象徴し、次の時代も進化を続けたい。また、40周年を機にロゴを刷新することで、新たなブランドイメージを作りたい」と話す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です