Pentagramが手がけるKeapの新しいブランドアイデンティティ

keapアイキャッチ画像

Keapは「Keap」と呼ばれる新製品の発売に伴ってブランドアイデンティティを変更しました。これは家庭や個人、およびサービス業界の中小企業向けに特別に作られた業界初のスマートクライアント管理ソフトウェアです。

中小企業を経営することは、複数のシステムを使って仕事をしたり、多くの顧客やコミュニケーションの流れを把握することまで、多岐に渡ります。以前のKeapはCRM(顧客関係管理)とマーケティングオートメーションソフトウェアを専門としており、中小企業と顧客を管理、提案と請求書の送付、支払いをまとめていました。

keapのロゴ画像出典:Pentagram

Pentagramは、新しい名前を含むKeapの新しいブランドアイデンティティを手がけました。新しいブランドアイデンティティはプラットフォームの使いやすさと強力な機能を捉えたものです。

ロゴマークに組み込まれている隠れた矢印は、Keapの機能を表す適切な記号になります。

keapのロゴ画像出典:Pentagram

新しいアイデンティティを持つKeapは、その普遍性とアクセシビリティを強調することによって他のCRMプラットフォームと一線を画すことを狙いました。

Keapユーザーは「ユニークで面白い」というよりは、機能面を重視するような「メインストリート」的なビジネスオーナーな傾向があります。Keapはより親しみやすく、企業というよりはもっと人間的に見えるように努めることを鍵としました。

keapのロゴ画像出典:Pentagram

グリーンはKeapの伝統的なカラー。成長と起業家精神を意味しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です