海外の航空会社がロゴマークを一新。デザイン例を紹介

アイキャッチ画像

Aer Lingus(エアリンガス)

参照:logolounge

ダブリン市に本拠地を置く、アイルランドの航空会社。

エアリンガスは2019年のアイルランドを反映させた新しいロゴに一新しました。

クローバーの葉に自然に見られるハートの形は、暖かさとおもてなしを示唆するために強調されています。

傾きはエアリンガスのダイナミズムとスピードを象徴。茎はクローバーと認識するのに十分な要素。そしてハート型の葉はエアリンガスのブランドの暖かさとおもてなしを反映しています。

boom(ブーム)

参照:logolounge

ブームは、超音速旅客機の開発を目的として設立されたアメリカ合衆国の航空機の開発製造会社。

参照:logolounge

サンフランシスコのデザイン事務所「Manual」がBoomのブランドアイデンティティを向上させ、初の試験機であるXB-1のストーリーを語り、最終的に55席の商用旅客ジェット機になるための物語とビジョンを改良しました。

参照:logolounge

包括的なブランドパーソナリティは、技術的な正確さ、大胆な単純さ、そして優雅さを表現しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です